ペーパータオル代の節約に取り組んでみたら毎月1,752円のコストダウンに成功しました。【年間なら2万円以上の節約です】





f:id:k-mutumi:20210819113713p:plain

みなさまこんにちは、ばあばです。

 

今回は手拭き用のペーパータオルをハンドタオルに変えることで、手拭きのコストをゼロにした取り組みの紹介です。

 

ペーパータオルにかかっていた月額コスト

f:id:k-mutumi:20210713145328j:plain

写真が我が家で手拭きに使っていたペーパータオルです。

 

f:id:k-mutumi:20210713150626j:plain

我が家ではこれを毎月4パックくらい使いますので、そのコストは毎月1,752円!

 

家族5人が毎日手拭きに使うとなると毎月これくらい必要です。

 

正直これは辛いです(-_-)

 

コロナは続きそうだからペーパータオル代は減らない

f:id:k-mutumi:20210818205219p:plain

そもそも、ペーパータオルの使用量が増えたのはコロナ禍になったから(-_-)

 

f:id:k-mutumi:20210714154507j:plain

家庭内でもしっかり感染防止の対策しようとなり、タオルの共有を中止。

 

その代わりにペーパータオルを使い始めたので当然コストがアップします。

 

どうやらコロナ禍はまだまだ当分続きそうな気配ですので、その間ペーパータオルもずっと使い続けることになります。

 

その上、夏休みなどの長期休暇には多分2倍?あるいは3倍のペーパータオルが使われるのは間違いなさそうです。

 

孫がね、いっぱいいっぱい使いますので。

 

ってことは、ぺーパータオル代だけで月に5,000円ということもあり得るわけで…(-"-)

 

これは、辛いレベルの出費です。

 

これは何とかしなきゃいけません(ー_ー)!!

 

という事で、ペーパータオルをハンドタオルに変えることにしました。

  

ハンドタオルを設置する予算

f:id:k-mutumi:20210818205326p:plain

ハンドタオル設置の予算は5,000円。

 f:id:k-mutumi:20210713144752j:plain

イメージしたのはこんな感じでした。

 

という事で、予算内で買いたいものが

  • ハンドタオル
  • タオルハンガー
  • 設置するためのピン
  • タオルをはさむピンチ

です。

 

せっかくなのでタオルは新調します。

 

家にあるハンドタオルはボロボロなので(*^_^*)

 

購入希望の枚数は20枚。

 

良く考えて買わないとオーバーしそうな予感がします。

 

ハンドタオル設置のために買った物と金額

f:id:k-mutumi:20210713153821j:plain

必要なものすべて買って4,215円、予算内で購入できました。

 

買ったのは

  • ハンドタオル×20枚・・・3,117円/タオル研究所さん
  • タオルハンガー×6個・・・660円/セリアさん
  • タオルをはさむピンチ×10個・・・438円/生協さん

 

合計4,215円でした。

 

タオルハンガーは通販サイトでみつけたおしゃれなモノを買いたかったのですが、予算が全然合わなくてあえなく断念。

 

そこでセリアさんに向かったら可愛いフックがあったので、これで代用することにしました。

 

フックを設置するためのピンは自宅にあったモノを使ったので、購入せずにすみました。

 

タオルはめちゃくちゃ良いモノを予算内で購入できました♫

 

もうバンザイ三唱です!(^^)!

 

ハンドタオル設置でこだわったこと

f:id:k-mutumi:20210713153821j:plain

ハンドタオルの設置でこだわったのが

  • タオルの見た目の良さ
  • タオルの使い勝手の良さ

でした。

 

タオルの見た目の良さ

f:id:k-mutumi:20210818221032j:plain

画像参考元:amazon タオル研究所公式サイト

 

見た目が良いと使うのが楽しくなります。

 

ということで見た目にはこだわりました。

 

この取り組みは成功したようで、孫たちが「キレイなタオルだ~♫」と言いながら喜んで使ってくれました。

 

タオル新調して良かった(*^_^*)

 

タオルの使い勝手の良さ

f:id:k-mutumi:20210714134156j:plain

使い勝手の良いタオルなら家族みんなが気持ち良く使ってくれると考えました。

 

私もね、その方がいいですし。

 

そこで、使い勝手の良いタオルの条件

  • す早く水分を吸い取ってくれる
  •  たくさんの水分を吸い取ってくれる
  • 毛羽が手につかない
  • ふわふわした手触り
  • 変なにおいがしない

タオルを探しました。

 

もちろん予算重視で。

 

f:id:k-mutumi:20210709115201j:plain

そこで選んだのがタオル研究所さんのハンドタオルでした。

 

実は私、タオル研究所さんのタオルは初めてなのですが、

  • 企業情報に好感がもてた
  • 口コミ情報の中に納得できるものがあった
  • 試に買ってみるカナと思える金額だった

事から、試して見ることに。

 

f:id:k-mutumi:20210714133928j:plain

という事で、まずは10枚購入したらめちゃくちゃグッドなタオルで、

  • すぐに水分を吸収してくれた
  • しっかり水分を吸い取ってくれるので交換は1日1回でOK
  • 全く毛羽がでない
  • ふわふわで滑らかな手触り
  • 繊維の臭い問題もなし

でした。

 

f:id:k-mutumi:20210819005848j:plain 

ということですぐに追加購入。

 

めでたしとなりました(*^_^*)

 

ハンドタオルを1か月使って感じたメリット

f:id:k-mutumi:20210713153821j:plain

実際に使って感じたメリットは

  • 設置したその日から手拭きに使うペーパータオル代はゼロ円になった
  • ペーパータオルよりもきっちり手を拭くことが出来る
  • ペーパータオルのゴミが減った分、ゴミ袋の消費も、回収の手間も減った

など、良いことづくめと感じています。

 

ハンドタオルを1か月使って感じたデメリット

f:id:k-mutumi:20210713155827j:plain

実際に使ってみると

  • 孫が時々他の人のタオルを使う⇒感染症対策的にNG
  • タオルの交換が必要
  • 洗たく物が増えた

など、デメリットもありました。

 

ハンドタオルを1か月使った総合評価

f:id:k-mutumi:20210713153821j:plain

ペーパータオルをハンドタオルに変えたのは大成功(*^_^*)

 

なにせ、コストダウンはあっさり叶いましたのでこのメリットは大きいです。

 

タオルの交換は、洗たく前にチャチャッと外して新しい物を取り付けるだけなので苦になることはありませんでした。

 

洗濯物をたたむ枚数は増えましたが、ハンドタオル10枚はさほど気になる量ではありませんでした。

 

一番気になったのが孫が自分のタオルを使わないこと。

 

感染症対策的にはNG行動ですので、家族でしっかり話合いました。

 

その結果今のところ自分のタオルを使っているようです。

 

使い心地のよさ、ゴミを減らすことが出来たなど、想像以外のメリットもありましたので、我が家はハンドタオルに変えて正解だったと実感しています。

 

------------------------------------------------------------------------------

f:id:k-mutumi:20210713153821j:plain

以上、ばあばがお伝えしました。

 

コロナ対策って何かとお金がかかります。

 

それら全部を合わせると負担は決して少なくありません。

 

だからこそ、1つ1つのコストダウンは必須です。

 

コロナはまだまだ続きそうですし。

 

ペーパータオルをハンドタオルにすることで、手拭き用ペーパーのコストはゼロに出来ます。

 

とはいえ、感染症対策が一番大切ですので、子どもがいるなら慎重さも必要。

 

見守りつつのトライ&エラーくらいが丁度良いかもしれません。

 

一度お試しください。

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

皆様の健康が守られますように。

 

----------------------------------------------------------------------------