【コロナウイルス対策】麻黄湯をコロナ禍に常備しておくと良い理由と私の経験をご紹介【薬剤師さん直伝】





f:id:k-mutumi:20210324173740j:plain

こんにちは。

 

今回は麻黄湯について紹介します。

 

麻黄湯を教えてくれた人

f:id:k-mutumi:20210324172641p:plain

麻黄湯を教えてくれたのは、我が家のかかりつけ薬局の薬剤師さんです。

 

直接教えていただいたのは娘で、私はその内容を聞き取りまとめてここにアップしました。

 

※※麻黄湯について詳しく知りたい方はツムラさんのサイトを参考にしてみてください。

 漢方のツムラ 麻黄湯(マオウトウ)-より

  

麻黄湯を知るきっかけの出来事

f:id:k-mutumi:20210324172706p:plain

2021年の初めの頃、下の孫(当時7歳)が風邪に似た状態になったのがきっかけで麻黄湯を知りました。

 

孫の状態

この時の孫は、

  • 37.3℃の微熱
  • 強い眠気
  • ほんの少しの咳と鼻水

の状態でした。

 

実はこの子、元々アレルギー体質でかつ鼻炎持ちなので、こうなるのは珍しくありません。

 

ですので、普段なら様子をみるのですが、コロナの可能性はゼロではないことを考えると様子見するのは怖いです。

 

だからと言って、コロナ禍の今すぐに病院には行けません。

 

そこで保健所に連絡して支持を仰ぐことにしました。

 

保健所の判断

保健所に連絡して状況説明したところ、 

  • コロナ感染の可能性は無いと思われる
  • PCR検査は今の段階では必要ない
  • 自宅で様子を見ること
  • 状態が変わったら改めて連絡する

ということになりました。

 

コロナだったらとの不安が消えない

しかし、孫も家族も社会の中で生活していますので、人との接触はゼロではありませんので、

  • 万が一コロナに感染してたら?
  • 症状が出たら?
  • 辛そうな状態になったら?
  • それでも病院に行けなかったら?

と不安がつのります。

 

そこで、薬だけでも準備しておこうとなり、すぐに娘がかかりつけの薬局に向かいました。

 

葛根湯を求めた

f:id:k-mutumi:20210324172726j:plain

求めた薬は葛根湯でした。

 

というのも、我が家では風邪のひきはじめに葛根湯を飲む習慣があるからです。

 

目的は風邪を初期段階でたたいて悪化を防ぐこと。

 

これは以前お世話になっていた医師から教えてもらった方法なので信頼できる情報と思い何年も前から実践しています。

 

実際にその効果を感じていて、風邪、頭痛、肩こり、鼻炎などの改善に役だっていると実感しています。

 

f:id:k-mutumi:20210324173351j:plain

普段は家族全員が飲みやすいようにと、錠剤の葛根湯を常備しているのですが、タイミング悪く切らしていました。

 

そこで、家にあったのは顆粒タイプの葛根湯を飲ませたところ、苦くて吐き出してしまいました。

 

この時孫は7歳。

 

これはしかたありません。

 

ということで、錠剤タイプの葛根湯を求めて薬局に向かったというわけなのです。

 

麻黄湯をすすめられた

f:id:k-mutumi:20210324172641p:plain

そんな事情を説明したら、葛根湯ではなく、麻黄湯をすすめられました。

 

その理由は既に発熱している場合、葛根湯では効果は望めないからとのことでした。

 

葛根湯と麻黄湯の違いは?

症状を悪化させないために飲むのが葛根湯で、症状を抑えるために飲むのが麻黄湯なのだそうです。

 

葛根湯を飲むタイミングと効果

葛根湯は風邪のごく初期に飲むことで症状を悪化させなくするのだそう。

 

ですので、「普段の自分の体ではなくて、何かしら辛さを感じる。けど風邪とはいえないカナ」と、そんな感じの時に葛根湯を飲むと良いみたいです。

 

麻黄湯を飲むタイミングと効果

麻黄湯は、風邪の症状そのものを軽くする効果があるのだそう。

 

ですので、なにかしらの症状が出ていて、既に辛さを感じているなら麻黄湯を飲むタイミングなのだとか。

 

服用することで、症状を軽くしながら治すことができるのだそうです。

  

麻黄湯の特徴

f:id:k-mutumi:20210324173740j:plain

麻黄湯

  • 風邪の症状を抑える効果がある
  • 5歳以上なら飲むことができる
  • 鼻炎の症状だとしても飲んでもよい
  • 新型肺炎コロナウイルスに感染した時にも飲むことができる

なのだそう。

 

新型肺炎コロナウイルスは新しい病気なので、一般的な風邪薬を飲んで良いかどうかの判断が難しいのだそう。

 

なので、風邪の症状を押さえたい場合は麻黄湯が良いですと教わりました。

 

【重要!!】

ただし、体調や体力の状態、他に飲んでいる薬の有無、薬のアレルギーの可能性など、飲んで良いかどうかの判断はとっても大切です。

 

かならず必要な情報を薬剤師さんに伝えてから服用してください。

 

麻黄湯を飲んだ家族の経過

f:id:k-mutumi:20210324173907p:plain

ここからは、実際に我が家で起こった出来事を紹介していきます。

 

7歳の孫の場合

f:id:k-mutumi:20210506214519j:plain
【体質と普段の健康状態】

アレルギー体質で、性鼻、皮膚トラブルあり。それ以外は健康体。

 

【体調不良の概要】

2021年初めの頃、下の孫(7歳)に風邪の症状が。麻黄湯を飲ませると1日で発熱が治まり数日で回復した。

 

【体調不良の詳細】

最初の症状は

  • 37.3℃の微熱
  • 疲労感(眠気を訴える)
  • ほんの少しの咳と鼻水

でした。

 

  1. 発熱当日に麻黄湯を1回飲ませる。以降発熱することはなかった。
  2. 2日目も発熱はなし。咳と鼻水は出ていたので、引き続き麻黄湯を飲ませる。
  3. 3日目も発熱はなし。咳と鼻水が治まらないので、引き続き麻黄湯を飲ませる。
  4. 4日目は症状はほぼ消え去る。このタイミングで薬を飲むのを止めた。

 

その後、ぶり返すことなく回復した。

 

10歳の孫の場合

f:id:k-mutumi:20210506214247j:plain

【体質と普段の健康状態】

アレルギー性鼻炎、花粉症あり。時々頭痛を起こす。それ以外は健康体。

 

【体調不良の概要】

2021年3月初旬、夕方ごろ風邪の症状が出た。

 

徐々に症状が悪化したので麻黄湯をのませたところ、翌日には発熱、頭痛などの辛い症状は消え去っていた。

 

【詳細な経緯】

  1. 18:00頃に軽い頭痛と鼻水が出始める。発熱はなくて元気に生活していたので暫く様子をみることに。
  2. 19:30頃に通常通りのメニューで食事をとるがすべて完食。相変わらずの症状ながら発熱はなく比較的元気な様子。
  3. 20:30頃になり37.3℃の微熱が出始める
  4. 21:00頃には38.3℃の発熱。悪寒、頭痛の悪化、眠気を訴える。ここで麻黄湯1回目を飲む。直後に落ちるように眠る。
  5. 22:00頃になり38.9℃の発熱。頭がいたいのか、息が荒くてとても辛そうな顔で眠っている。パルスオキシメーターで酸素飽和度を測定すると初回の数値は94でヒヤリとした。直後の数値は97、3回目の数値も97と安定していたので再び様子を見ることに。
  6. 23:00頃には38.4℃の発熱。しかし、寝息も顔の表情も落ち着きをみせている。酸素飽和度も99と問題なしの数値。
  7. 23:30頃には37.8℃まで熱が下がり落ち着いた様子に。酸素飽和度も問題なし。
  8. 24:30頃には37.4℃まで熱が下がり落ち着いた様子に。酸素飽和度も問題なし。
  9.  翌日朝6:00頃:平熱に戻っていた。様子も落ち着いていて頭痛も治っている。鼻水は治まっていないので引き続き麻黄湯を飲ませる。
  10. 以降正午までの間ずっと発熱なし。
  11. 正午頃に一度37.3℃の微熱。しかし、元気な様子で食欲も旺盛。麻黄湯を飲ませ続ける。
  12. 以降、何度か検温するが一度も発熱なし。この日の夜にも麻黄湯を飲ませる。

 

翌日も麻黄湯を飲ませたところ、ぶり返すことなく回復した。

 

58歳夫の場合

f:id:k-mutumi:20210506214550j:plain

【体質と普段の健康状態】

アレルギー体質で、性鼻、皮膚トラブルあり。それ以外はとっても元気です。

 

【体調不良の概要】

2021年3月中旬、咳と鼻づまり、異常な肩こりを訴える。発熱はなし。すぐに麻黄湯を飲ませ翌日には回復。

 

【詳細な経緯】

  1. 休日の朝、風邪のひきはじめの症状(咳と鼻づまり、異常な肩こり)を訴え辛そうな表情。すぐに麻黄湯を飲ませる。
  2. 昼ごろにはいくらか元気になり、お買い物やお散歩などいつも通りに過ごす。発熱はなし。
  3. 夜になり、肩こりの症状と咳は殆ど消えていた。鼻づまりだけ残っている。発熱もなし。

 

翌日には回復して通常通りの生活に戻る。

 

これ以降ぶり返すこともなく回復した。

 

54歳私の場合

f:id:k-mutumi:20210506214613j:plain

【体質と普段の健康状態】

もともと虚弱体質。甲状腺疾患の影響で免疫が低下している。ウイルス感染ハイリスク群と医師から言われている。肺炎の経験あり。頭痛持ち。

 

【体調不良の概要】

風邪(似た状態?)になる。すぐに麻黄湯を飲み1週間程度で回復した。

 

【詳細な経緯】

  1. 2021年3月中旬、風邪の初期に似た状態(鼻水、軽い咳、頭痛、異常な肩こり)になる。
  2. すぐに麻黄湯を飲んで様子を服用。
  3. 風邪ににた症状が続くが症状は軽いまま

 

この後1週間で回復した。

 

と、こんな風に、我が家は5人家族の内4人が麻黄湯に助けられた経験があります。

 

特に緊張したのが10歳の孫の時。 

 

高熱にうなされる状態から回復できたので本当に良かった。

 

教えて下さった薬剤師さんには感謝しかありません。

 

麻黄湯に注意が必要な人も

f:id:k-mutumi:20210324174112p:plain

ただし、麻黄湯の服用は、

  • 持病がある
  • 健康や体力に不安を持っている(麻黄湯の服用には中程度の体力が必要)
  • 普段から服用している薬がある
  • 薬のアレルギーや薬の服用に注意が必要な立場にある
  • スポーツ選手

などの場合、服用することで問題が生じることがあるのだそう。

 

もし何か思い当たるなら、それらの内容を薬剤師さんに伝え、服用しても良いかどうかの判断を仰ぎましょう。

 

麻黄湯についてのまとめ

f:id:k-mutumi:20210325224213j:plain

 風邪の症状が出ているなら病院に向かうのが一番です。

 

コロナの心配があるなら尚更迷わず保健所に連絡して支持を仰ぎ、できる限り早めに病院に向かうべきと思います。

 

しかし、コロナ禍の今、そうしたくてもできない時があります。

 

そんな、自分で何とかしないといけない状況の時のために備えておくと良いのが麻黄湯なのだそう。

 

ですので、あくまでも病院に行けない時の助けになる程度と考えて下さい。

 

また、麻黄湯は薬ですので、注意が必要な人、残念ながら飲んではいけない人もいます。

 

安全第一を心掛け、服用前には必ず薬剤師さんに相談しましょう。