【新型肺炎コロナウイルス対策】「ウイルス感染を防ぐために粘膜を触らないこと」について/接触感染を防ぐ方法【ドクター直伝】





f:id:k-mutumi:20200601121337j:plain

こんにちは、ばあばです。

 

久々のブログ更新です。

 

さて、今回紹介するのは、ウイルスに感染しないために粘膜を触らないことについて紹介します。

 

この習慣を身に付ければ、手からのウイルス感染(接触感染)を防ぐことができます。

 

当たり前のようで、聞けばドキッとする内容もあるかもしれません。

  

以下で詳しく紹介していますので、良かったら一度チェックしてみて下さい。

 

コロナウイルスをはじめ、インフルエンザ、嘔吐下痢などのウイルス感染症予防に役立つと思います。

 

 

この話を聞く前の私

f:id:k-mutumi:20201113160445p:plain
この話を聞く以前の私は、ねんがら年じゅう風邪をひいていました。

 

なので、外出して風邪をひく、家族が風邪をひけば私もすぐに同じ種類の風邪をひくとそんな感じでした。

 

実は私、持病があっの影響で免疫が低下しているので「仕方ない」と諦めていたのです。

 

【新型肺炎コロナウイルスへの対策】ハイリスク群の私について - おいしい生活

 

ですが、実際には粘膜を触らないことを徹底するだけで、風邪をひくリスクを大きく減らすことができるのだと知りました。

  

この話を聞いた後の私

f:id:k-mutumi:20200606000436p:plain

この話を聞いて、「粘膜を触らない」を徹底したところ、嘔吐下痢を4

回連続で回避できました。

 

我が家の孫は毎年1回は必ず嘔吐下痢にかかり、私も感染するのがいつものパターンで、それまでは3回連続で感染していたのに。

 

これは凄いことだと思っています。

 

この時

  • クレベリンでの空間除菌
  • イータック抗菌スプレーを活用して洋服やマスクにウイルスが付くのを防いだ
  • アレルシャット(ウイルスブロックスプレー)で顔や髪にウイルスがつくのを防いだ

などの方法も同時に取り入れました。

 

これらも成果につながった一因だったと思っていますので、今度紹介しますね。

 

教えてくれた人

f:id:k-mutumi:20201113160610p:plain

この情報を教えてくれたのは私の担当ドクターです。

  

しょっちゅう風邪をひいている私をウイルス感染から守ろうと教えて下さいました。

 

感謝感謝です。

  

教えてくれたこと

ドクターが私に教えてくれたのは「ウイルス感染を防ぐために粘膜を触らないこと」について。

 

実はこの方法、ドクター自身が普段から実践している方法なのだそう。

 

これ、多くの人が出来てそうで実はできていないことみたいです。

 

以下で詳しく紹介していますので、「自分は出来てる?」と、そんな目線で見てみて下さい。

 

ウイルスが体に入ってくる場所

風邪のウイルスは粘膜から体内に入ってくるのだとか。

 

逆に言えば「ウイルスは粘膜からしかヒトの体に入ってこられない」から、粘膜をしっかり守ればウイルス感染を防ぐことができるのだそうです。

 

風邪のウイルスに関係する粘膜

f:id:k-mutumi:20201113161904p:plain

風邪のウイルスは

  • 目の粘膜
  • 鼻の粘膜
  • 口の粘膜

この3箇所から体に侵入するケースがほとんどなのだそうです。

 

ウイルスが体内に入ってくるルート(接触感染の場合)

f:id:k-mutumi:20201116160455p:plain

接触感染の場合、ウイルスは手から体内に入ります。

 

どんなにキレイに手を洗ったとしても、なのだそうです。

 

手洗い後も注意が必要な理由

f:id:k-mutumi:20201119152551p:plain

ウイルス感染症のシーズンにウイルスは

  • 手すり
  • スイッチ
  • 椅子や机
  • パソコンやスマホ
  • 洋服やバッグ
  • お金や銀行のATM
  • 展示品や売られている商品

などなど、そこら辺じゅうに付着しているのだそう。

 

なので、一旦手をキレイに洗って清潔な状態にしても、どこかを触ったタイミングでウイルスが手についているかも。

 

もちろん、ついていないかもしれません。

 

しかし、それがはっきりしない以上手にウイルスがついていると考えて、粘膜は触らないのが良いのだそうです。

 

ウイルスを体内に入れてしまう具体的な行動

私たちが普段何気なくしている、

  1. 手で目をこする
  2. 鼻をこする
  3. 指を舐める
  4. コンタクトのズレを指先で直す
  5. 鼻をほじる
  6. 目がしらのごみをとる
  7. 口を手で覆って笑う
  8. 口を手で触る
  9. 手で口を押えてあくびをする
  10. くちびるを噛む
  11. 口びるを舌でなめる

などなどの行動が原因で、ウイルスが体内に入ってくるのだそうです。

 

注意しましょうね。

 

ウイルス感染を防ぐために粘膜を触らないことを徹底しましょう。

f:id:k-mutumi:20201119164406p:plain

コロナウイルスの脅威はいつまで続くか分かりません。

 

あるいは、他のタイプのコロナウイルス(季節ごとに現れる普通の風邪)同様に土着(完全に住みついてしまうこと)のウイルスとなる可能性だってあるのかもしれません。

 

となると、社会生活を送り続けることと、コロナ感染を防ぐことを両立するために、まずは自分の手で粘膜を触らないことを徹底して、少しでも感染リスクを小さくしましょう。