【コロナウイルス対策】ハイリスク群の私について





はじめに

f:id:k-mutumi:20200601112715j:plain


こんにちは、ばあばです。

 

新型肺炎コロナウイルスを怖いと思いつつ、負けないための対策に取り組んでます。

 

ここでは、それらの内容を紹介します。

 

となると、「あなたは誰ですか?その情報は正しいの?」となりますよね。

 

分かります。

 

私もいつも「正しい情報かどうか」をしっかり確認しますので。

  

ということで、この記事では、

について紹介します。

 

 

私について

f:id:k-mutumi:20200601112715j:plain

下のお孫ちゃんと私


まずは私について簡単に紹介します。

  

どうして私が新型肺炎コロナウイルス対策の記事を書くのか

f:id:k-mutumi:20200601122458j:plain

私の体は感染症にかかりやすくて重症化のリスクがあると医師から注意を受けています。(ハイリスク群と呼ぶそうです)

 

ですので、「感染症にかからないための生活」について、具体的な指導を受けていて、2009年から対策を続けています。

 

それらの内容を多くの人に役立ててもらいたくて、ここで紹介することに決めました。

 

私がハイリスク群に属する理由

 私は、

  • もともと体が丈夫ではない
  • 持病の甲状腺機能低下症の影響で免疫力が落ちている
  • 肺炎の経験があり、また、肺の形状が肺炎になりやすいことが分かっている

などの理由からハイリスク群だと言われています。

 

実際のところ、風邪をひく回数が多すぎたり、健康な大人ならかかりにくい感染症(百日咳、マイコプラズマ、RSウイルスなど)にかかった経験も複数回ありました。

 

また、一旦罹患すると、完治するまでの時間が普通よりもかなり長くかかります。

 

例えば百日咳に罹ったなど、完治するのに1年と1か月(400日くらい)かかり、自分でもビックリしました。

 

これらの状況から、ハイリスク群だと判断されたようです。

  

私の環境と新型肺炎コロナウイルスへの取り組み

f:id:k-mutumi:20200601115409j:plain

感染症対策に使っているいくつかのアイテム

このような健康状態ですが、周囲に助けられながら対策にとり組んでいます。

 

私の環境

ハイリスクな分、

  • 健康な人に比べると医師や薬剤師さんと接する機会が多い
  • 感染症対策の指導を直接受けている
  • 多くの正しい情報を知ることができる

という背景を持っています。

 

教えてくれた人と情報元のサイト

ここに書いている主な情報は、

  • 担当医の先生に教えてもらった内容
  • かかりつけの薬剤師さんに教えてもらった内容

です。

 

また、必要に応じて

などの情報も取り入れています。

 

記事の元となっている感染症

私が担当の先生から直接指導を受けているのは

などへの対策についてで、新型肺炎コロナウイルスの対策ではありません。

  

感染症対策の知識を新型肺炎コロナウイルスに流用

そこで、感染症という大きなくくりで考えることに決めました。

 

その対策として

  • これまで得た感染症対策の情報の流用
  • 本、専門サイトの情報を活用

することで、自分なりのコロナ対策に取り組んでいます。

 

私が感染症対策を実践してきた年数ときっかけ

感染症対策をスタートさせたのが2009年、新型インフルエンザが流行したタイミングでした。

 

それからずっと対策を続けています。

 

以来11年間見直しながら実践してきましたので、今の対策が「我が家のベスト」といえます。

 

最後に

医療の専門家ではない私がこのテーマで記事を書くのには躊躇がありました。

 

しかし、ハイリスク群の私が新型肺炎コロナウイルスへの罹患を防ぐため、医師の指導を元に試行錯誤で取り組んでいる内容なら、対策に困っている人にとっては有益な情報だと考え紹介することに決めました。

 

どうか、多くの人のお役に立てますように。

 

皆様の健康が守られますように。