【自家製カット野菜】調理時間は約1分。自家製カット野菜で作るレンチンキャベツを紹介します。





はじめに

f:id:k-mutumi:20190906151528j:plain

の記事では、レンチンキャベツを紹介しています。

 

カット野菜さえあれば、調理時間は1分くらい。

 

ササッと完成させることができる上に、弱火で丁寧にソテーした雰囲気が出ていて美味ですよ~。

 

これを食生活に取り入れれば、

  •  朝食のサラダのかわりに
  • お弁当の1品に
  • 夕飯の1品が足りない時用

として活躍してくれます。

 

良かったら作ってみてね♫

 

≪もくじ≫

 

自家製カット野菜で作るレンチンキャベツ

f:id:k-mutumi:20190906151528j:plain

 これが自家製カット野菜で作ったレンチンキャベツ

 

いつかの朝食時にいただいた1皿です。

 

レンチンキャベツの材料

f:id:k-mutumi:20190906152034j:plain

材料はもちろんキャベツだけでOK。

 

今回は、1~2日まえにカットして冷蔵保存しておいたものを使います。

 

レンチンキャベツの作り方

f:id:k-mutumi:20190906152259j:plain

レンジで使えるお皿に、食べたい量のキャベツをのせてチンするだけ。

 

元々、キャベツは生でもいただける食材ですので、チンの具合は好みでOKと思います。

 

レンチンキャベツを作る時間

f:id:k-mutumi:20190906154900p:plain

レンチンキャベツを作る時間は1人分で約1分です。

 

ですが、

  • 分量が増える
  • しっかり火を通してすごくやわらかく仕上げたい

などの場合、長めの時間が必要になります。

 

普通に火が通った状態に仕上げる場合、1人分1分間チンする×人数と考えてください。

 

レンチンの方法による仕上がりの違い

f:id:k-mutumi:20190906152455j:plain

ばあばの場合、いくつかの方法でチンしてみた結果

  • 600Wで1分間チン→→→生に近いシャキシャキした感じに仕上がる(量による)
  • ゆでた葉物野菜モード→→→しっかり火が通って柔らかくしあがる
  • あたためモード(75度)設定の場合→→→しっかり温まる&カンタンに仕上げることができる

と、そんな感じカナと思っています。

 

どれも問題なく美味しいですので、その時々の好みに合わせて使い分けています。

 

この日はしっかり温める&やわらかめでいただきたいと思ったので、あたため→75度」に設定してみました。

 

レンチンキャベツの味付け

f:id:k-mutumi:20190906153555j:plain

出来上がったレンチンキャベツは、どんな味付けでも美味しいです。

 

ばあばの場合は、

などなどでいただきます。

 

その日の気分やその他のメニューとの相性で決めればいいカナと思っています。

 

一緒に食べたもの

f:id:k-mutumi:20190906154044j:plain

この日のレンチンキャベツは朝ごはん用。

 

メインはロールパンのチョコフレークサンドでした。

 

相性のよさそうなオリーブオイル&マジックソルトでいただきました。

 

レンチンキャベツはどんなメニューとも相性バツグン♫

f:id:k-mutumi:20190906153701j:plain

自家製カット野菜で作るレンチンキャベツを紹介しました。

 

味付け自由なレンチンキャベツは、他のメニューとの相性もバツグン

 

ですので、「あれとあうカナ?あわないカナ?」と頭を悩ませる必要もないと思いますよ~。

 

カット野菜とレンジさえあれば、ササッとカンタンに作ることができますので、良かったら毎日の食事にとりいれてみて下さい。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

以上、ばあばがお伝えしました。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

また来てね♫

 

f:id:k-mutumi:20190906155713j:plain

 S. Hermann & F. RichterによるPixabayからの画像

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆