【問題解決】洗濯乾燥機の「はりつき」を防ぐ方法の紹介デス。





はじめに

f:id:k-mutumi:20190904120035j:plain

こんにちは、ばあばです。

 

この記事では、洗濯乾燥機の「はりつき」を防ぐ方法について紹介しています。

 

とってもカンタンに防ぐことができていますので、良かったらやってみてね♫

 

≪もくじ≫

 

洗濯乾燥機の「はりつき」を防ぐ方法

f:id:k-mutumi:20190904121041p:plain

 

洗濯乾燥機の「はりつき」とは?

f:id:k-mutumi:20190904121142j:plain

写真が洗濯乾燥機の「はりつき」の状態。

 

乾燥が終わったアラームを聞きつけて取り出しに行くと、洗濯したもの全部がドラムに張り付いていて、

  • 生乾きの状態
  • 伸ばしてもシワシワでそのまま使用はできない
  • 時にニオうことがあるのでこのまま乾燥はできない(ことがある)

と、そんな感じになっています。

 

こうなると、ほとんどの場合洗い直しになります。

 

それではお金がもったいないですし、何より「今すぐ必要なのにどうしよう」という大問題を引き起こします。

 

「はりつき」はどんな時に起っている?

f:id:k-mutumi:20190904120035j:plain

我が家の場合、乾燥時の「はりつき」が起こるのは決まってタオルを多めに洗濯して乾燥させた時

 

我が家で乾燥機を使用するのは

  • タオル
  • シーツやカバー類
  • 肌着
  • パジャマやインナーウエア
  • Tシャツやデニム

などですが、タオル以外で「はりつき」が起ったことは一度もありません。

 

これは偶然?あるいはそんな物なのかどうかが分からないので、ちょっと調べてみたら、洗濯乾燥機各社の見解にたどり着くことができました。

 

ドラム式洗濯機】 洗濯~乾燥終了後、洗濯物がはりつきます。なぜですか?


次の要因が考えられます。
  洗濯物が綿衣類やタオルだけではありませんか?
  ・洗濯物を詰め込んでいませんか?

 

参考元:Panasonic公式サイト よくあるご質問 ななめドラム洗濯乾燥機

 

洗濯や乾燥終了後、洗濯物がはりつきます。


以下をお試しください。

  • 「ほぐし脱水」を設定してください。
  • 「柔らか」コースで運転してください。
  • 少量の洗濯物の時は、洗濯物の量を増やして運転してください。
 ※それでも洗濯物がはりつくときは・・・
  • 柔軟剤のご使用をおすすめします。
  • 「洗→乾」運転の場合、乾燥工程の脱水モードを「低速モード」に変更してください。

参考元:HITACHI公式サイト 日立の家電品トップお客さまサポート洗濯機・洗濯乾燥機よくあるご質問

 

乾燥後、洗濯物がドラムに張り付いたまま、硬くなっています。

  • 綿の洗濯物やタオル類のみを洗濯していませんか?
  • 綿の洗濯物やタオル類は脱水の遠心力で洗濯物がドラムに張り付きやすくなります。
  • ドラムに張り付いた洗濯物が乾燥運転中にはがれないと、ドラムに張り付いたまま乾燥されて硬くなります。
  • 洗濯物の張り付きを予防するために、以下の内容をお試しください。
  • 綿やタオル類と化繊の洗濯物をいっしょに洗濯~乾燥をおこなう。
  • 洗濯後、ドアを開けて洗濯物をほぐしてから乾燥運転をおこなう。

参考元:SHARP公式サイト サポート・お問い合わせ洗濯機Q&A情報

 

このように書かれていました。

 

それぞれ見解に違いがあるようにも感じますが、そこは元テクニカルライターのばあばデス。

 

要約しつつ読んでみると、

  • 綿の素材だけで洗うと洗濯物がギュッと固まっちゃうからやめてね。
  • 一度にたくさん入れすぎてもダメだよ。
  • かといって少なすぎてもだめだから、ちょうど良い量を入れようね。
  • それでも固まったら、自分の手でほぐそうね。
  • ほぐせる機能付きの洗濯機もあるから、それを使ってみてね。

と、そんな感じのことが書かれているようでした。

 

乾燥時の「はりつき」を防ぐ方法

f:id:k-mutumi:20190904140054j:plain

ばあばが「はりつき」を防ぐためにやっている方法は、洗濯ネットを一緒に入れるだけ。

 

我が家の洗濯ネットは

  • 化学繊維でできている
  • いつでも家にある
  • ほとんど毎日使用する
  • 使った後はどっちみち乾燥させる必要がある

と、これらを考えると一石二鳥と考え、乾燥時に入れることにしました。

 

今まで10有余年ずっとこの方法だけで、「はりつき」を防ぐことができています。

  

その他の方法で「はりつき」を防ぐには?

f:id:k-mutumi:20190904144925p:plain

洗濯ネットを入れる以外なら、

  • 化学繊維の衣類を一緒に洗う
  • 専用のランドリーボールを入れる
  • 洗濯機の機能をフル活用する
  • 洗濯物を一旦取り出して手でほぐす

など、色んな方法があるみたい。

 

ですので、自分に合った方法を試して自分にピッタリの方法を探してみるのも良いかもしれませんね♫

  

乾燥機に入れない方が良い洗濯ネット

f:id:k-mutumi:20190904142026j:plain

ブラジャー専用のネットはNGカナと思っています。

 

その理由は、モッタイナイから。

 

私の経験上、どの洗濯ネットでも「はりつき」を防ぐ効果はあると思うのですが、

  • ブラの洗濯ネットはサイズが小さいから複数入れないと効果を得にくいかもしれない
  • 乾燥機に入れるとブラネットの劣化が早まる
  • ブラネットはちょっとお高いので買い替えサイクルをできるだけ長くしたい

という点で考えたら、普通のタイプの洗濯ネットを入れるのがベストと思っています。

 

 乾燥中の「はりつき」を防ぐには、洗濯ネットが効果的です

f:id:k-mutumi:20190904140054j:plain

 洗濯乾燥機の「はりつき」を防ぐ方法として洗濯ネットを入れる方法を紹介しました。

 

ばあばの経験&メーカー発表の内容から、「はりつき」が起きるのは綿繊維のみを乾燥させている時だけだと分かりました。

 

この「はりつき」を防ぐ方法はいくつかありますが、一番カンタンで手軽な「化学繊維でできた洗濯ネットを一緒にいれる方法」で対処しています。

 

洗濯ネットは、ほとんどの家庭にある&安価での入手が可能ですので、すぐに取り入れることができると思います。

 

良かったらやってみてね♫

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

以上、ばあばがお伝えしました。

 

最後までお付き合いいただき感謝です。

 

また来てね♫

 

f:id:k-mutumi:20190904151457j:plain

Gundula VogelによるPixabayからの画像

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆