【買って良かったもの】LEEPWEI製ステンレスのピンチハンガーは、長く使いつづけられそうな予感です。【写真つきで紹介】





はじめに

f:id:k-mutumi:20190902141420j:plain

 この記事では、LEEPWEI製ステンレスのピンチハンガーについて紹介しています。

 

これを買ったことで、いくつかの問題が解消されたので大満足。

 

使って半年が経過したのですが、耐久性に関しても全く問題なさそうです。

 

ただしいくつか問題点も。

 

その部分を含め紹介します。

 

「LEEPWEI製のステンレスのピンチハンガー、買う?買わない?」と迷っている人のお役に立てれば嬉しいです。

 

≪もくじ≫

  

LEEPWEI製ステンレスのピンチハンガーについて

f:id:k-mutumi:20190902141420j:plain

これが我が家のピンチハンガー。

 

ちょっと大き目サイズです。

 

買った時期

f:id:k-mutumi:20190902141821j:plain

LEEPWEI製ステンレスのピンチハンガーを買ったのは2019年2月。

 

今は2019年9月ですので、半年以上使用しています。

 

買ったきっかけ

f:id:k-mutumi:20190902142242j:plain

それまで使用していたピンチハンガーは部分的にプラスチックを使用しています。

 

そのため、いろんな場所が紫外線劣化でパキッと割れています。

 

これまで直し直し使用していたのですが、ついに修理不可能な状態に。

  

ということで買い替えることにしました。

 

購入した洗濯ピンチハンガー

f:id:k-mutumi:20190902145635j:plain

良さそうなものをamazonで見つけることができましたので、早速購入。

f:id:k-mutumi:20190902141420j:plain

購入したのはこのピンチハンガーです。

  • メーカー:LEEPWEI
  • 購入金額:1,499円(タイムセールにて購入)
  • ピンチの数:52個
  • 重さ:939g
  • 素材:総ステンレス

 でした。

 

使用して感じたメリット

f:id:k-mutumi:20190902151255p:plain

このピンチハンガーは

  • 軽い
  • 丈夫
  • たくさん干せる
  • 雨ざらでも錆びなかった
  • ピンチの型が付きにくい
  • コンパクトにたためる
  • たたんでもピンチ同士が絡まないので開閉が素晴らしくスムーズ

など、想像以上にたくさんのメリットがありました。

 

使用して感じたデメリット

f:id:k-mutumi:20190902151306p:plain

  • ピンチの力が弱い
  • 衣類にピンチの型がつく
  • 洋服の素材によっては落ちることがある

ということが分かりました。

 

実際に使用した感想

f:id:k-mutumi:20190902162601j:plain

ここからは、実際に使用している写真と一緒に使用感を紹介します。

 

〈軽い〉

f:id:k-mutumi:20190902151421j:plain

写真のように、全体的に細い素材で作らていますのでとても軽いデス。

 

洗濯ものって、当然のことながら濡れていて案外重たいですので、ハンガーそのものが軽いのは必須条件。

 

その点もクリアしていました。

 

丈夫

f:id:k-mutumi:20190902151933j:plain

軽い&細い素材とはいえ、そこは丈夫なステンレスです。

 

使っていて弱さはみじんも感じません。

 

ですので、

  • お孫ちゃんのいたずら
  • ぶつけた
  • 落とした

などでも全然OK。

 

どこにもダメージを受けることはありませんでした。

 

<たくさん干せる>

f:id:k-mutumi:20190902152520j:plain

我が家では、ピンチハンガーに

  • お孫ちゃんの洋服
  • 家族全員の下着

を干すのに使用しています。

 

お孫ちゃんの洋服なら最大で12枚まで干すことができています。

 

<雨ざらでも錆びない>

f:id:k-mutumi:20190902152813j:plain

使い始めからの半年間、何度も雨ざらしにしましたが、全く錆びることがありませんでした。

 

ここはとっても気になっていたので正直ホッとしました。


<コンパクトにたためる>

f:id:k-mutumi:20190902154051j:plain

こんな風に、半分に畳んで収納できますので

  • 物干しにそのままかけて置いても邪魔になりにくい
  • 室内に置く時にもそんなに場所を取らない

でした。

 

たたんでもピンチ同士が絡まない

f:id:k-mutumi:20190902154543j:plain

ピンチハンガーを半分に畳んでも、ピンチ同士が絡まることは全くありませんので、開閉が驚くほどスムーズ。

 

ピンチのつまむ部分に輪がはまっていることがその理由なのだそう。

 

もう、ピンチがらみでイライラすることもなくなりそうです。

 

コレは画期的な発明ですよね♫

 

ピンチの力が弱い&落ちることがある 

f:id:k-mutumi:20190902154932j:plain

ピンチの力が弱いからカナ?

 

写真の保育園の制服は、ピンチで挟んでもすぐに滑るように落ちてしまって干すことができませんでした。

 

ちなみに、以前使用していたプラスチックのピンチなら余裕で干すことができていたのですが......

 

それ以外は今のところ全部OKです。

 

<感想/ピンチの型がつく

f:id:k-mutumi:20190902155728j:plain
ほとんどの洗濯物にピンチの型がつきます。

 

とはいえ、コレを避けるのはどんな洗濯ピンチであっても至難の業。

 

専用アイテムを取り入れるか、手を加えるか......

 

ということで、型がついてもOKなものを干すことにしました。

 

まとめ

f:id:k-mutumi:20190902141420j:plain

LEEPWEI製ピンチハンガーについて紹介しました。

 

ピンチハンガーを選ぶ時、色んな条件があるかと思います。

 

もし、「いつでも安定して使い続けることができるもの」を求めるなら、オススメはステンレス。

 

私が使っているのはLEEPWEIさんの総ステンレスのピンチハンガー。

 

使用半年ですので、いくらか「くすみ」などがあるのかもしれませんが、まったく劣化を感じません。

 

丈夫な本物のステンレスを使用しているからみたいデス。

 

きっとこれからも長く活躍してくれるでは?と期待しています。

 

価格も1,500円前後と比較的購入しやすい値段でしたよ~♫

 

良かったら使ってみて下さいね。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

以上、ばあばがお伝えしました。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

f:id:k-mutumi:20190902165025j:plain

  Bruno GlätschによるPixabayからの画像

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆