【おしゃれのじかん】かかとガサガサ知らずの私。ケアに使っているのは「ごく普通の軽石」です。





この記事には、ばあばの「かかと写真」が掲載されています。

 

お見苦しいかもしれませんので、見たくない方は今回の記事はパスしてください<(_ _)>

 

f:id:k-mutumi:20190708111530j:plain

ばあば愛用の軽石

こんにちは、ばあばです。

 

チャームポイントは「かかと」です。

 

本格的な夏を迎え、ガサガサかかとのケアに関する悩みを見聞きすることが増えました。

 

サンダル履いたり、水辺のレジャーなど、素足で過ごすことが増えますので、どうしたって気になりますよね。

 

f:id:k-mutumi:20190708155841j:plain

ばあはのかかと


写真は昨日(2019年7月8日)に撮影したばあばのかかとです。

 

実は私、昔からずっとこんなかんじのツルツルかかとで、ガサガサになった経験は一度もないのです。

 

でも、そんなに特別なケアはしていなくて、「ごくごく普通の軽石で、毎日かかとを軽くシャカシャカするだけ。

 

たったそれだけの事なのですが、長年ずっとツルツル状態をキープしています。

 

そこで今回はばあばのかかとケアについて詳しく紹介します。

 

この方法ならとってもお安くカンタンにケアできますので、もしよかったらやってみてくださいね♪

 

 

ごく普通の軽石を使ったかかとケア

f:id:k-mutumi:20190708114355j:plain

ここからは、ごくごく普通の軽石を使ったかかとケアについて詳しく紹介します。

 

もうずっとやっているケア方法で、私はこれで40有余年ツルツルかかとをキープしています。

 

良かったら参考にしてください。
 

かかとケアが大切だと知ったタイミング

f:id:k-mutumi:20190708112440p:plain

かかとケアが必要だと教えてくれたのはばあばのおばあちゃん。

 

それはまだばあばが小学校低学年の頃の話しなので、もうウン十年も昔の話しです。

 

この頃、ばあばのおばあちゃんは角質らしきモノで分厚くなった自分の「かかとの皮」をカミソリで削りながら、「こうしないと割れて歩けなくなるんよ」と、言っていました。

 

これがいわゆる「かかと割れ」みたいで、ある日突然かかとが「パカっ」とわれて傷口が開き、ものすごく痛いのだそうです。

 

それを防ぐ手立てとして削っていたのです。

 

その様子をじっとみていた幼い私に「こんなになると痛くて大変だから、早めにお手入れするんよ」と、教えてくれました。

 

その光景は今でも思い出します。

 

かかとケアに軽石を選んだ理由

f:id:k-mutumi:20190708114355j:plain

ばあばがかかとケアに選んだのは軽石

 

というのは、私が幼いころ家族全員この軽石でシャカシャカかかとを洗っていたので、「かかとは軽石で洗うもの」と信じていました。

 

それを今でも続けているだけなのです。

 

どうやら昔はこんな風にかかとケアに軽石を取り入れている家庭がたくさんあったみたい。

 

その知恵がその当時一般的だった銭湯を通じて広がって、ばあばのおばあちゃんの耳にも届いたのでしょう。

 

そこで、自分のように「かかとが固くて痛い」思いを家族にさせないために、我が家に「軽石」が取り入れられたということみたいでした。

 

それが母に伝わって、そこから私に。

 

以来40有余年、私のかかとはずっとツルツルでガサガサ知らず。

 

きっと、私にはぴったり合った方法だったのでしょう。

 

本気のかかとケアを始めたタイミング

f:id:k-mutumi:20190708152413p:plain

そんなわけで、もの心ついた時からかかとは軽石でケアしていました。

 

ただそれは、なんとなくシャカシャカ洗うだけ。

 

しかも、メンドクサイと思ったらサボってしまうというありがちな展開でした。

 

そんなばあばが本気でかかとをキレイにしたいと思い始めたタイミングは10代前半ごろカナ?

 

夏にサンダルを買ってもらったのがとにかく嬉しくて、それをおしゃれに履きこなしたいと毎日まじめにシャカシャカシャカシャカしたことを思い出します。

 

それが40有余年続いて今現在に至るというわけなのです。

 

軽石でのケアにかかる年間コスト

f:id:k-mutumi:20190708114355j:plain

軽石でのかかとケアにかかる年間コストは約100円。

 

この軽石はばあばが10年くらい使っているものなのですが、買った時の値段すら覚えていません。

 

ということで、早速amazonで調べてみたところ、ざっと200円から1,000円程度の間で買うことができるみたい。

 

一番高い物を買っていたとしても、年間100円。

 

もし、安い物を買っていたならは年間コストは20円くらい。

 

これは破格の安さです。

 

長年愛用していた写真の軽石、少し前落として割ってしまったので、そろそろ買い替えるカナ。

 

実践/軽石でのかかとケア

f:id:k-mutumi:20190708154416j:plain

 軽石でかかとケアするのはホントにカンタン。

 

お風呂のついでにできますし、時間は約1分くらい。

 

f:id:k-mutumi:20190708114355j:plain

 まず、軽石を用意します。

 

種類はホントにごくごく普通のモノでOK。

 

ネットでも買えますし、ドラッグストアやバラエティショップなどに置いてあると思います。

f:id:k-mutumi:20190708160357p:plain

お風呂で体を洗うついでに、軽石でかかとをシャカシャカと優しく洗うだけ。

 

他にも気になるところがあれば、ついでにシャカシャカしておきます。

 

ただし、シャカシャカして良いのは、皮が固くなっている部分だけ。

 

ですので、ばあばがシャカシャカするのは

  • かかと
  • 足の裏全体
  • 足の外側の側面

この3箇所だけです。

 

f:id:k-mutumi:20190708155634j:plain

たったそれだけで、ツルツルかかとをキープをしています。

肌の乾燥が気になる場合、ボディクリームなどを塗るのも良いみたいですが、ばあばは今のところやったことありません。

 

今後、必要に応じて取り入れてみたいと思います。

 

以上、ごく普通の軽石を使ったかかとケアの紹介でした。

 

ガサガサ知らずのかかと、ばあばは軽石ケアで作っています。

f:id:k-mutumi:20190708155841j:plain

お風呂のついでに軽石でかかとをシャカシャカ洗う。

 

たったそれだけのケアですが、ガサガサ知らずのばあばのかかとです。

 

一緒にお風呂に入ったお孫ちゃんは、シャカシャカしているばあばを見ながら、「ツルツルなりましたね~♪」なんて褒めてくれます。

 

とっても幸せ♥

 

良かったら、試して見てくださいね。

 

以上ばあばでした。

  

 ☆☆☆☆☆

 

ばあばのかかとの写真なんて、もしかすると不愉快だったかも。

 

スミマセン<(_ _)>

 

今の状態をお伝えするのに必要だったものですから。

 

これからもできるかぎり役立つ情報を伝えていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

f:id:k-mutumi:20190708162052j:plain

Myriam ZillesによるPixabayからの画像