【おしゃれの時間】費用は100円。「メイクの色が分からない」問題は、ダイソーさんのネイルパーツで解消しました。





f:id:k-mutumi:20190612155017j:plain

こんにちは、ばあばです。

 

今日はメイクの色が分からない問題の解消方法を紹介します。

 

f:id:k-mutumi:20190612100524j:plain

ちなみに、この写真はばあばではありません。

 

ばあばの大切な宝物のひよこちゃんです。

 

少し前、下のお孫ちゃんにプレゼントしてもらいました♪

 

そんなわけで、この子を見るたびにとっても幸せな気分になるのです♥

  

さて、話を本題に戻しますね。

 

「メイクの色が分からない問題」の解消方法は、

  • 手持ちのアイテムをチェックする
  • それぞれに好みに合った識別用のマークをつける

この2つだけでOKです。

 

たったこれだけの事で、「コレの中は何色だっけ?」といったストレスから解放されましたよ~♪

 

以下の章で詳しく紹介していきます。

  

f:id:k-mutumi:20190612102749p:plain

......と思っているのですが、今回のばあばは少々自虐的。

 

その理由は、今回のテーマと関係があります。

 

というのも、ブログを書こうとしてハタと気づいたことがあるのです。

 

それは、きっと皆さん、「ばあばのメイク問題になんてきっと興味がない」ということ(ー_ー)!!

 

f:id:k-mutumi:20190612102839p:plain

 

ですよね。

 

だったら書かなきゃいいだけの話しなのですが、やっぱり書きます。

 

周囲の人にこのアイデアを伝えたところ、「凄い凄い~~~」とおだててられ、実践してくれた人たちからは、「とっても便利になったよ~」なんて喜ばたものですから。

 

と、そんなこんなで書くことにしました。

 

良かったら、お付き合いください<(_ _)>

 

 

 メイクの色がわからない問題とは?

f:id:k-mutumi:20190612102901p:plain

ばあば以前、毎朝のメイクの時間にずっと困っていたことがありました。

 

それは、メイクの色がわからないということ。

 

これは「ばあばは既にボケている」とか、そういう方向の話ではなくて......

 

メイクアイテムの外見が同じで中の色がわからないという、こっちの方。

  

f:id:k-mutumi:20190612103758j:plain

外見が全部同じアイシャドウ

例えばコレ。

 

3色のアイシャドウなのですが、パレットが全部同じなので中の色がわからないのです。

 

f:id:k-mutumi:20190612104355j:plain

スティックタイプのメイクアイテム

あるいはこっち。

 

写真はばあばが持っているスティックタイプのメイクアイテムです。

それぞれに個性がありますので、パッと見で、リップとかマスカラなどアイテムの種類はわかるけど、やっぱり中の色はわからないのです。

 

そんなこんなで、メイクをするたびに、

 

開けた

これじゃないな

さらに開けた

こっちも違うな

再び開けた

正解!

 

と、こんなメンドクサイことをしなければいけません。

 

たったそれだけの事なのですが、コレが案外ストレスになり、時間のない朝なんて「イライラ~」とさえしてしまいます。

 

そんな小さなことでイライラするのは損だと思うので、この問題は解決すべきです。

 

ということで、一目見て中の色がわかるようにしてみました。

 

問題解決の方法

f:id:k-mutumi:20190612164430j:plain


問題解決の具体的な方法はマークをつけるだけ。

 

中の色と同じマークを貼っておけば、中の色は一目でわかります。

 

たったこれだけの事で「目的の色を探す」という手間から解放されました♪

 

これに使ったのは、

  1. ネイルパーツ
  2. 透明マニキュア
  3. ネイルパーツを挟むためのツール

この3種類だけ。

 

これさえあればすぐに問題解決しますので、良かったら試してみてくださいね。

 

マークのつけかたステップ

f:id:k-mutumi:20190617130505p:plain

 

ここからは実際に私がマークをつけた時のステップを写真つきで紹介します。

 

ステップその1/アイテムの数を把握

f:id:k-mutumi:20190612142709j:plain

これらがパッと見て色が分からないアイテムたち

まずは、「色が分からない問題」を勃発させているアイテムの数を把握します。

 

これをやっておくことで、マークをつけるために何をどれくらい準備すればいいのかをざっくりイメージできます。

 

つまり、なんとなく目星をつけるという感じだと思ってください。

 

例えば私の場合、問題になっているアイテムは

  1. アイシャドウ
  2. リップ
  3. マスカラ
  4. アイライナー
  5. リップライナ

と全部で5種類でした。

 

ということは、マークに使うアイテムは少なくて済みそうだとわかります。

 

ステップその2/中の色をチェック

f:id:k-mutumi:20190612150228j:plain

次は色のチェックです。

 

例えば写真のアイシャドウ、ピンク系・パープル系・ブラウン系の3色に分かれています。

 

ここでわかるのは、マークをつけるために必要な色です

 

同じ要領で、マスカラやリップなど、その他のアイテムの色をチェックしておきます。

 

ステップその3/マークに使うアイテムを決める 

f:id:k-mutumi:20190612160032j:plain

100円で買ったダイソーさんのネイルパーツ

 上記の事から、マークに使うのはネイルパーツと決めました。

 

私がそう決めたのは、

  • 見た目が良い
  • 必要な色味が揃っている
  • パーツのサイズがメイクアイテムにぴったり
  • 安価で手に入る
  • 失敗した時のリカバリーもカンタン

と、そう考えたから。

 

他にもシールやビーズなど、使えそうなアイテムはいくつかありますので、そこは好みで選んでくださいね。 

 

ステップその4/ネイルパーツをつける

f:id:k-mutumi:20190612155017j:plain 

 ここからは実際にネイルパーツをつけていきます。

 

道具を準備する

f:id:k-mutumi:20190612163409j:plain

準備するものは、以下の3アイテムだけ。

  • ネイルパーツ⇒これでマークします
  • 透明ネイル⇒糊の代わりです
  • ピンセットなど⇒ネイルパーツをつまみます


もし、使用するネイルパーツがシール式なら透明ネイルはなくてもOKと思います。

 

ですが、シールの粘着力に不安がある場合は、透明ネイルでコーティングして強化するのがオススメです。

 

メイクアイテムとネイルパーツの色合わせ

f:id:k-mutumi:20190612164134j:plain

まずはアイシャドウからやってみましょう。

 

それぞれの色を確認すると、

  • ピンク系
  • パープル系
  • ブラウン系

と、これら3種類に分かれていました。

 

ピンクとパープルはありますので、この色のネイルパーツを貼り付けます。

 

しかし、ブラウンのネイルパーツは同じ色がありませんでした。

 

これは痛恨のミス。

 

もっとよく見て買えばよかったと後悔です。

 

とはいえ、このまま作業を続行したいので、使わないネイルパーツの中で何とかします。

 

ということでイエローのネイルパーツをブラウンの代わりに使うことにしました。

 

見た目が似ているからOKです。

 

それに、今後ばあばがイエローのメイクアイテムを買うことは多分ない=イエローのネイルパーツは必要ないと思いますので。

 

パーツを貼る位置を決める

f:id:k-mutumi:20190612164316j:plain

ネイルパーツをつける位置を決めるのですが、この時、メイクボックスの中を意識します。

 

f:id:k-mutumi:20190612102010j:plain

私のメイクボックスの中

 

例えばコレ。 

 

私の場合、こんな感じに立ててメイクボックスに入れいますので、この面にネイルパーツをつければ一目瞭然で色がわかるはず。

 

ということで、マークを張り付けるのはアイテムの背中の位置と決めました。

 

ネイルパーツを張り付ける

f:id:k-mutumi:20190612164430j:plain

位置が決まったらネイルパーツを貼り付けましょう。

 

付け方のステップは、

  1. パーツをつけたい面の全体、あるいはネイルパーツの部分に透明ネイルを塗る。
  2. ネイルパーツをつける。
  3. ネイルパーツの上からも透明ネイルを塗る。
  4. 乾燥させる。

この4ステップでOKです。

 

もし、「とれるかも?」と心配なら透明ネイルを数回重ね塗りすればしっかりと貼り付けることができます。

 

私の場合、3回程度の重ね塗りで仕上げていて、この方法を取り入れてから半年程度たっていますが、これまでに一度も取れたことはありません。

 

続けて、スティックタイプのメイクアイテムにもネイルパーツをつけていきます。

 

f:id:k-mutumi:20190613104038j:plain

やり方はアイシャドウと同じで、まず色を確認します。

 

これはピンク系のリップですので......

 

f:id:k-mutumi:20190613104146j:plain

見えやすい位置にピンクのネイルパーツをつければOKです。

 

f:id:k-mutumi:20190613104418j:plain

こうして、すべてのメイクアイテムの色分けができました。

 

これでもう、「これ何色だっけ?」という問題は起こらなくなりました。 

 

メイクアイテムが多い場合

f:id:k-mutumi:20190613104917p:plain

もし、メイクアイテムが多すぎる場合はこの方法では識別できないかもしれません。

 

例えばリップの場合。

 

似たようなピンク系ばかりを持っているなんて場合もあるかもしれません。

そんな時には、

  • 純粋なピンク⇒ピンク&ピンクと考える⇒ピンクのネイルパーツを2個つける
  • オレンジがかったピンク⇒オレンジ&ピンクと考える⇒オレンジとピンクのネイルパーツをつける
  • ブルーがかったピンク⇒ブルー&ピンクと考える⇒ブルーとピンクのネイルパーツをつける

と、こんな感じでなんとかなるかもデス。

 

ばあばはそんなにたくさんのメイクアイテムを持っていないので、この方法は試していませんが、理論上はこれでできそうカナと思い書いてみました。

 

良かったら試してみてくださいね。

 

以上、「メイクの色が分からない」問題の解消方法について紹介しました。

 

掛かった費用は100円(税抜)

 f:id:k-mutumi:20190617133550p:plain

今回、 「メイクの色が分からない」問題を解決するのにかかった費用は100円(税抜)だけ、ネイルパーツの購入費用でした。

 

透明ネイルは手持ちの物を、ピンセットは代用品の毛抜きを使いましたので、費用は掛かっていません。

 

もし、必要ならこれらは100円ショップで買うことができます。

f:id:k-mutumi:20190617141628j:plain

この透明ネイルは以前セリアさんで購入した商品です。

 

f:id:k-mutumi:20190617141731j:plain

コレはつい先日、ダイソーさんで購入したアイテムです。

 

金額もそれぞれ100円ですので、全部そろえても300円(税抜)で収まります。

 

良かったら試して見てくださいね。

 

以上、「メイクの色が分からない」問題の解消方法でした。

 

「メイクの色が分からない問題」はダイソーさんで解決できました♪

毎朝の悩みだった「メイクの色が分からない」問題は、

  1. 色が分からないメイクアイテムを洗い出す
  2. 必要な色のネイルパーツを買う
  3. メイクと同じ(それとわかる)色のパーツを張り付ける

と、これだけで解消しました。

 

これ以降、朝のメイクで「これじゃない~~~」とバタバタしたりイライラすることはなくなりました。

 

それもこれも、必要な道具が安価で購入できるようになったから。

 

100円ショップバンザイ、ダイソーさんバンザイなばあばなのでした。

 

☆☆☆☆☆

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

 

以上、ばあばでした。

 f:id:k-mutumi:20190628101302j:plain

sujuによるPixabayからの画像