【お出かけの時間】疲れた心を癒すため、岡山県美作市にあるパワースポット「琴弾きの滝(ことびきのたき)」に行ってきました。





f:id:k-mutumi:20190617160552j:plain


こんにちは、ばあばです。

 

先日、岡山県美作市にあるパワースポット「琴弾きの滝」まで癒しのドライブに出かけました。

 

心に少々疲れがたまっていたものですから。

 

日帰りの小旅行でしたが、すっかり癒されました♪

 

今回はその時の様子を写真つきで詳しく紹介します。

 

疲れた心を癒したい方、あるいはパワースポットに興味のある方に見ていだだけると嬉しいです。

 

≪もくじ≫

 

琴引きの滝について

f:id:k-mutumi:20190617160751j:plain

まずは琴引きの滝についてざっくりと紹介します。

 

f:id:k-mutumi:20190617225006j:plain

 今回の目的はドライブ。

 

自然の中をドライブしつつ、どこかキレイな場所に行って日頃の疲れをいやそうと選んだのがこの「琴引きの滝」でした。

 

岡山国際サーキットまで約2キロの場所に位置していました。

 

f:id:k-mutumi:20190617225149j:plain

 写真は琴引きの滝の手前にある天石門別(あめのいわとわけ)神社。

 

2000有余年の歴史がある神社のだそう。

 

どうやら、ここはとても歴史のあるパワースポットみたいです。

 

もう少し奥に進んだところに琴引きの滝がありました。

 

f:id:k-mutumi:20190617160552j:plain

 写真が琴引きの滝。

 

高さは約13メートル、幅は約5メートルとややコンパクトな滝でしたので、迫力があるというよりも、穏やか?のどやか?と、そんな印象を受けました。

 

ここには、

  • 自然に包まれた林道
  • 厳かな神社
  • マイナスイオンたっぷりの滝
  • 清流とも思えるキレイな沢
  • 美しい鳥の鳴き声

などなどがありますので、訪れただけでも癒しとなりそうです。

 

 ですので、

  • 日頃の疲れを癒したい
  • 非日常体験をしたい
  • 大人同士のドライブ
  • 子どもを連れての自然探索

など、そんな目的にピッタリのスポットかと思いました。 

 

詳しくはこちらをどうぞ。

 

参考元:みまさか観光ナビ 琴弾の滝(ことびきのたき)

 

www.city.mimasaka.lg.jp

 

岡山市内から琴引きの滝までの道のり

f:id:k-mutumi:20190617161833j:plain

琴引きの滝に向かったのは2019年6月中旬の日曜日。

道のりは、

  • 移動時間⇒岡山駅から車で約1時30分
  • 移動ルート⇒美作岡山道路を経由
  • ナビの信頼度⇒スマホナビで琴引きの滝入口まで無事に到着
  • 渋滞⇒はまりませんでした
  • 今回移動中の休憩回数⇒2回
  • 高速道路⇒利用せず、一般道のみを移動

 

と、こんな感じでした。

 

走ってみて思ったのは「まさにドライブにぴったりのルートだな~」ということ。

 

バイクや車のツーリンググループらしき方々と何度か出会いましたので、知る人ぞ知るドライブコースなのかもしれません。

 

ですが、今回のドライブは楽しくもあり、多少なりともドキドキしたりハラハラした部分もありました。

 

まずはそれらについて紹介しておきます。

 

岡山市内から30分くらい

f:id:k-mutumi:20190617162429j:plain

天候にも恵まれ、気分よく進みました。

 

市内を抜けてしばらくの間はこんな感じの見慣れた風景でしたので、ドライブというよりも「移動」といイメージでした。

 

ここで一度目の休憩タイム。

 

飲み物でブレイクしました。

 

ドライブルート

f:id:k-mutumi:20190617162309j:plain

進むにつれ徐々に山道となり、まさにドライブにぴったりのルートです。

 

この日は走っている車もまばらでしたので、余計にそう感じたのかもしれません。

 

山また山 

f:id:k-mutumi:20190617163015j:plain

多少なりとも、開けた雰囲気のところに出てきますが、岡山市内を抜けて以降はずっと山の中を走っている感じです。
 

f:id:k-mutumi:20190617163100p:plain

そして、なんと「熊出没注意」の看板に出くわしたり。

 

「こ、こわいね」、なんて夫と話しながら琴引きの滝へ向かいます。

 

最後の?コンビニ

f:id:k-mutumi:20190617163634j:plain

気軽に「コンビニで休憩」なんてできそうにないなと思っていたら突如現れた「ローソン和気町佐伯店」さん。

 

うれしさで後光が差して見えました。

 

さっそく2度目の休憩タイムです。

 

飲み物と軽食でブレイクしました。

 

これまでの「山また山」道のりを考えると、この先休憩スポットはそう簡単に出会えそうにありませんので。

 

実際、この先現地到着までコンビニを見かけることはありませんでした。

 

ということで、トイレ休憩・お買い物・食事などなどはできるだけ早めに済ませておくのが良いかと思います。

 

もちろん、「どの道を選ぶか?」にもよるとは思いますが......

 

ということで、先に進みます。

 

目的地付近の目印

f:id:k-mutumi:20190618094840j:plain

 徐々に狭くなる道路に不安を感じつつも、くねくねとした山道を進みます。

 

f:id:k-mutumi:20190618095039j:plain

すると、トンネルが現れます。

 

f:id:k-mutumi:20190618095130j:plain

その名もたきのみやトンネル。

 

ここまで来ると、「琴弾の滝」はすぐそこ。

 

琴弾の滝に到着

f:id:k-mutumi:20190618095306j:plain

トンネルを抜けてすぐ右側に鳥居が見えてきます。

 

ここが「琴弾の滝」への入り口。

 

到着しました~♪

 

周辺にはいろんな看板が出ています。

f:id:k-mutumi:20190618103518j:plain

まず最初に目に飛び込んできたのがコレ。

 

天石門別(あめのいわとわけ)神社参道とあります。

 

矢印の方向にあるのは......

 

f:id:k-mutumi:20190618103459j:plain

先ほどの鳥居です。

 

これを見ると、「着いたんだな~」と実感できました。 

 

f:id:k-mutumi:20190618103522j:plain

次はコレ。

 

滝宮ダム周辺の案内図となっています。

 

ダムがあるのですね、知らなかった。

 

周辺は桜並木となっているみたい。

 

春に来てみたいな。

 

f:id:k-mutumi:20190618103532j:plain

これは天石門別(あめのいわとわけ)神社の歴史がかかれた看板。

 

フムフム。

 

f:id:k-mutumi:20190618103539j:plain

そして琴弾の滝の周辺案内図です。

 

ココに書かれているのは

  • 琴弾の滝のカンタンな説明
  • トイレやあずまやなどの位置
  • その他の周辺情報

などなど。

 

訪れた際には、ワンショット撮影しておくと、散策の時の地図として便利かもしれません。

 

f:id:k-mutumi:20190618103545j:plain

余談ですが、この日は観光バスが止まっていて、瞬間的にではありますが、たくさんの人で賑わっていました。

 

 琴弾の滝へ 

f:id:k-mutumi:20190618103459j:plain

 いよいよここから「琴弾の滝」へ進みます。

 

林道 

f:id:k-mutumi:20190618110423j:plain

 

鳥居をくぐり参道を進みます。

 

f:id:k-mutumi:20190618110332j:plain

 向かって左には沢が見えています。

 

清流の沢で遊ぶのも楽しそう♪

 

f:id:k-mutumi:20190618110601j:plain

 もう少し進むと看板が見えてきます。

 

f:id:k-mutumi:20190618110642j:plain

「琴弾の滝」はどうやら左方向に進むみたい。

 

f:id:k-mutumi:20190618110736j:plain

もうしばらく木漏れ日の下を進みます。

 この日は6月中旬。

 

この季節にしては凄く涼しくて、歩いてもさほど汗もかきません。

 

丁度良い季節に来られたのかもしれません。

 

それと、木の葉の天然の日よけがより涼しくしてくれているのでしょう。

 

そう考えながらふと見上げると、これはもみじの木。

 

新緑が美しいです。

 

「紅葉がキレイだろうな~」なんて想像しながら先に進みます。

 

f:id:k-mutumi:20190618111123j:plain

林道から開けた道に出てきました。

 

対岸が琴弾の滝へ向かう道。

 

もう少し歩を進めます。

 

二股の道

f:id:k-mutumi:20190618125005j:plain

 道が二股に分かれています。

 

滝は左の方向ですので、そちらへ進みます。

 

木の橋

f:id:k-mutumi:20190618112557j:plain

すると、小さな木の橋が見えてきますので、ここを渡りましょう。

 

折り返し

f:id:k-mutumi:20190618125233j:plain

今度は折り返すように、川に沿って進みます。

 

f:id:k-mutumi:20190618124451j:plain

前方からたくさんの人々が......

きっと、入口付近の観光バスで来られた方々なのでしょう。

 

遠くからお疲れさまでした。

 

キツツキの木? 

f:id:k-mutumi:20190618124740j:plain

更に進んで、なんとなく気を見上げたら......

 

f:id:k-mutumi:20190618124804j:plain

こ、これはキツツキの巣穴?

 

たしかに、ここについて以来色んな鳥の鳴き声がとめどなく聞こえていました。

 

その中にキツツキもいたのでしょうか?

 

豊かな自然を感じられる一コマです。

 

二番目の鳥居 

f:id:k-mutumi:20190618125329j:plain

入口に次いで二番目の鳥居をくぐります。

何とも厳かな雰囲気に自然とかしわ手を鳴らしました。

 

「パンパン」

 

神様ゴメンナサイ

f:id:k-mutumi:20190618125626j:plain

参拝前に体を清めて......

 

と思ったのですが、水がよどんでいたので、ここは遠慮してしまいました。

 

神様お許しください。

 

天石門別(あめのいわとわけ)神社に到着

f:id:k-mutumi:20190618125738j:plain

ようやく天石門別(あめのいわとわけ)神社につきました。

 

とっても厳かで歴史を感じる佇まい。

 

きっと、ここには本当に神様がいるのだろう......

 

そう思わせる雰囲気でした。

 

再び林道へ

参拝を済ませたら、「琴弾の滝」へ向かいます。

 

どうやらこの奥にあるみたい。

 

f:id:k-mutumi:20190618130043j:plain

やしろの階段には矢印と共に「琴弾の滝」の案内板が出ていました。

 

しかし、その方向には進まず、左の下り階段、川沿いの道を進みました。

 

f:id:k-mutumi:20190618130216j:plain

やや急な石段を下りると......

 

f:id:k-mutumi:20190618130310j:plain

再び林道へ。

そのまましばらく進みます。

 

f:id:k-mutumi:20190618130341j:plain

数分もしない間に、滝の音が聞こえてきます。

 

琴弾の滝

f:id:k-mutumi:20190617160552j:plain

ついに「琴弾の滝」到着です。

 

ここにつくまでの間

  • 豊かな自然
  • 鳥の声
  • 美しい新緑
  • 水の流れる音

などなどに十分癒されました。

 

滝に癒される


癒される滝の音

 

そこに「滝」の存在が加わると、癒し効果は最高潮に達したカナと。

 

どうしてこんなに水の音は心が安らぐのでしょうか?

 

 琴弾の滝/写真集

ここからは、色んな滝のショットをお楽しみください。

 

f:id:k-mutumi:20190618140350j:plain

清流の名にふさわしい、澄み切った水。

 

f:id:k-mutumi:20190618140443j:plain

コンパクトな滝とはいえ、やっぱり水の勢いは凄い。

時々飛んでくる水しぶきが冷たくて気持ち良いデス。

 

f:id:k-mutumi:20190618140810j:plain

滝壺。

 

やっぱり滝壺といえば龍?

 

と、神話を思いつつも、実際にお目にかかるのはにょにょろ蛇さんの方かな~なんて考え、少々腰が引けてしまいます。

 

f:id:k-mutumi:20190618140907j:plain

滝から少々下った辺り。

 

この付近は浅いので、沢遊びにはもってこいカモ。

 

しかし、水の流れは早いですので、要注意です。

 

f:id:k-mutumi:20190618141044j:plain

水に手をつけてみたところ、凄く冷たいです。

 

さすが山の水。

 

真夏の避暑地としては最適のスポットかもしれません。

 

f:id:k-mutumi:20190618141501j:plain

一段下の小さい方の滝。

 

つい近づきたくなりますが、ここは一段と流れが速くなっています。

 

安全のためには近づかないのが懸命かと思います。

 

f:id:k-mutumi:20190618141332j:plain

休憩できそうな平坦な場所もありました。

 

木陰にもなっていましたので、レジャーシートを広げてブレイクするのも良さそうですし、沢遊びだってできそうです。

 

きっと、自然の生き物に出会えるのではないでしょうか?

 

ただし生き物が苦手な人は要注意。

 

蛇・イモリ・カエル・水生昆虫などなど、どんな生き物が登場してもおかしくないくらいに自然が豊富な場所ですから。

 

f:id:k-mutumi:20190618141928j:plain

そして、一番注意してもらいたいのが流れの速さと深さです。

 

こういった沢って

  • 一見浅く見えても水深が深い場所がある
  • 水の流れが思いのほか早い
  • 足を取られる岩場などがある
  • コケなどでズべりやすい

など、予想外の危険が伴うことがあります。

 

ですので、水辺で遊ぶには十分な注意が必要。

 

大人も子供も、自然の怖さを十分理解したうえで、安全に配慮して遊んでくださいね。

 

以上、「琴弾の滝」についてでした。

 

 琴弾の滝の滝/その他お役立ち情報

f:id:k-mutumi:20190617160552j:plain

ここからは、その他お役立ち情報として、それぞれのシーンごとに必要カナと思った情報をお送りします。

 

良かったら、お出かけの参考にしてください。


滞在時間

f:id:k-mutumi:20190618142723p:plain

今回の滞在時間は約1時間30分程度。

 

その間の行動は、

  • 周辺の散策
  • 滝の景観を楽しんだ

くらいです。

 

もしも、

  • 沢遊び
  • 現地でお弁当
  • 昆虫採集

などをする場合、もう少し長い時間楽しむことができると思います。

 

食べ物や飲み物

琴弾の滝の中には、

と、そんな感じの場所ですので、飲食に必要なものは全て持参しましょう。

 

また、「近くで買えばいいや」と思っても、周辺にはコンビニやスーパーなどの商用施設は見当たりませんでしたので、ご注意ください。(あるのかもしれませんが......)

 

ただ、お弁当やおやつを食べるスペースはいくつもありますので、その点はご安心ください。

 

オススメの服装

f:id:k-mutumi:20190618143650p:plain

オススメの服装は断然カジュアルです。

 

琴弾の滝とその周辺は

  • 滑りやすい場所がある
  • 岩場がある
  • 草が生えている場所もある
  • 歩く距離もそれなりに長い

と、そのような環境です。

 

せっかくの散策や景観を存分に楽しむには、

  • 動きやすい洋服
  • 歩きやすくて滑りにくい靴
  • フルレングスで虫対策を
  • ちょっとくらい汚れてもOKな洋服
  • 白っぽい色合いの洋服(ハチ対策)
  • 手がふさがらないバッグ

と、これらを意識するのが良いかと思います。

 

今回私が唯一失敗したのが手持ちのトートバッグを選択したこと。

 

散策していると、足場がとっても悪い場所に出くわしました。

 

この時、両手を使って体を支える必要がありましたので、「手持ちのバッグはNGだった!」と反省。

 

夫のサポートで乗り切りました。

 

そんな経験から、次回琴弾の滝に行時には

  • ショルダー
  • リュック
  • エストポーチ

など、両手が使えるタイプのバッグにしようと思いました。

 

駐車場

f:id:k-mutumi:20190618161527p:plain

20台分の無料駐車場がありましたので、基本駐車スペースに困ることはなさそう。

 

ですが駐車場は

  • 駐車場までの道が少々狭い
  • 悪路の場所もある
  • 駐車スペースは砂利のような石のような......
  • 雑草が茂っている

と、悪条件の場所も。

 

イメージするなら、山の中のちょっとした広場に車を置く感じでしょうか。

 

それらは少々気になるところでした。

 

トイレ

f:id:k-mutumi:20190618144342j:plain

コレが琴弾の滝のトイレ。

 

見た目通り古くてちょっと怖い感じでした。

 

中の様子は、

  • 昔のタイプ(ぼっとんスタイル)
  • 暗くて照明器具は見当たりませんでした
  • 虫がたくさん
  • ものすごく大きなクモがいた
  • 紙はあった

紙があったのは嬉しいポイント。

 

ですが、それ以前に使うには少々躊躇を感じるトイレでした。

 

ということで、トイレは事前に済ませておくのがよかもと思います。

 

授乳期の赤ちゃんと一緒

f:id:k-mutumi:20190618161812p:plain

授乳(離乳食)が必要な赤ちゃんと一緒に行く場合、

  • 授乳スペース
  • おむつ替えのスペース
  • ミルクを作る&冷ます場所や水道
  • 汚れ物を洗う場所
  • ちょっとお昼寝をさせる場所

これらは残念ながらありません。

 

ですので、

  • 赤ちゃんのお世話のスペースは車中やレジャーシート上
  • 必要なものは全部持ち込む

このような前提での準備が良いと思います。

 

加えて、

  • 足元が悪い場所があるので抱っこひもはあった方が便利
  • ベビーカーでの移動は困難
  • 虫や紫外線対策グッズは必須

と思います。

 

それらをしっかり準備してから向かうことをオススメします。

 

子どもが一緒の場合

f:id:k-mutumi:20190618161930p:plain

子どもが一緒の場合、

  • 水遊びで洋服を濡らす
  • 昆虫を追いかけて洋服を汚す
  • 泥団子などを作って洋服を汚す

など、洋服を汚すか濡らすかは必至と思いました。

 

ですので、着替え・タオル・ウエットティッシュなどなど、着替えに必要なモノを持参すると便利と思います。

 

また、赤ちゃん同様、虫や紫外線対策グッズは必須かなと思います。

 

遊びの道具はどうかな~、持ってても使う場所がないカモと思います。

 

遊びの道具がなくても、琴弾の滝は豊かな自然の中ですので、虫や魚などの生き物を探して遊ぶことができると思います。

 

 おじいちゃん、あばあちゃんが一緒

f:id:k-mutumi:20190618164552p:plain

高齢のおじいちゃん、おばあちゃんが一緒なら足もとは要注意。

 

というのも、滝につくまで

  • 歩く距離はそれなりの長さ
  • 段差の大きい石の階段
  • ぬかるみ
  • 岩場
  • じゃりみち

などの注意が必要な場所があります。

 

道の状況は、若いパパママ世代でもちょっとした注意が必要なくらいのレベルです。

 

例えるなら、川遊びの時のあの感じ。

 

ですので、

  • 一番歩きやすい靴で出かける
  • 一緒に歩いてサポートする
  • 足場が悪すぎる場所には行かない
  • 杖などの補助具の使用

など、安全に楽しんでください。


琴引きの滝/基本情報

f:id:k-mutumi:20190617160552j:plain

住所:岡山県美作市滝宮

最寄駅:林野駅

問い合わせ先:0868-74-3111 (英田総合支所)
料金:不要 

時間:不明 

駐車場:20台

 

歴史のあるパワースポット「琴弾の滝」で、日ごろの疲れが癒されました。

f:id:k-mutumi:20190617160552j:plain

琴弾の滝について紹介しました。

 

気持ちの良いドライブコースを経て琴弾の滝に到着。

 

豊かな自然の中で過ごすにつれ、日ごろの疲れがすっかり癒されました♪

 

トイレの怖さや商用施設がないのは少々不便に感じたものの、それでもやっぱり「行ってよかった」と思えるくらい魅力的なスポットでした。

 

良かったら行ってみてくださいね♪

 

☆☆☆

 

以上、ばあばでした。

最後まで読んでくださり感謝です。

 

f:id:k-mutumi:20190624094620j:plain sujuによるPixabayからの画像